ページトップ
  • 平成10年度|
  • 第6章 歳入歳出決算その他検査対象の概要|
  • 第2節 歳入歳出決算等検査対象別の概要|
  • 第7 政府関係機関及びその他の団体|
  • 4 公団、事業団その他17団体の決算

15 運輸施設整備事業団


(15) 運輸施設整備事業団

 この事業団は、鉄道事業者、海上運送事業者等による運輸施設の整備を推進するための助成その他の支援を総合的かつ効率的に行うこと及び運輸技術に関する基礎的研究業務を行うことを目的として設置されているものである。その資本金は10事業年度末現在で148億5985万円(全額国の出資)となっている。
 同事業団の会計は、鉄道、船舶及び基礎的研究等の3勘定に区分して経理されており、その勘定別の10事業年度の収入支出決算、損益、借入金等及び主な業務実績は次のとおりである(注)

(注)  運輸施設整備事業団の9事業年度は、9年10月1日から10年3月31日までである。

(鉄道勘定)

 この勘定は、新幹線、都市鉄道の建設等に対する助成及び旧国鉄債務の償還等の業務に関する経理を行うものである。

1 収入支出決算

  区分 10事業年度 (9事業年度)

千円 千円
(収入)

 収入決定済額 1,260,967,875 600,838,371
(支出)

 支出予算現額 1,308,004,141 640,200,232
 支出決定済額 1,261,154,229 602,216,983
 翌事業年度繰越額 42,300,518 33,365,951
 不用額 4,549,393 4,617,297

 翌事業年度繰越額の主なものは、都市鉄道整備事業助成費(支出予算現額1247億4184万余円)の203億2108万余円及び新幹線鉄道事業助成費(同572億0600万円)の148億6100万円である。

2 損益

  区分 10事業年度 (9事業年度)

 経常収益
 (うち割賦譲渡収入)
千円
905,577,194
(735,107,810)
千円
469,575,089
(411,949,621)
 経常費用
 (うち割賦譲渡原価)
920,853,304
(300,296,204)
477,232,322
(189,315,210)
 当期損失金 15,276,109 7,657,233
(損失金の処理)

 翌事業年度に積立金を減額整理 15,276,109 7,657,233

3 借入金等

  区分 10事業年度末 (9事業年度末)

借入金残高
千円
6,073,821,987
千円
6,270,073,338
(資金運用部資金等)

鉄道整備基金債権等発行残高 758,970,000 819,340,000

4 主な業務実績

  区分 10事業年度 (9事業年度)
新幹線の建設に対する助成 3線 3線
都市鉄道の建設に対する助成 19線 18線

(船舶勘定)

 この勘定は、国内海運事業者と費用を分担して国内旅客船及び内航貨物船を共同建造し、当該船舶を同事業団と事業者との共有とし、事業者に使用管理させる業務等に関する経理を行うものである。

1 収入支出決算

  区分 10事業年度 (9事業年度)

千円 千円
(収入)

 収入決定済額 129,239,392 80,507,638
(支出)

 支出予算現額 158,305,806 116,663,702
 支出決定済額 111,494,251 81,118,622
 翌事業年度繰越額 4,422,576 213,358
 不用額 42,388,978 35,331,721

 不用額の主なものは、貨物船取得費(支出予算現額540億7763万余円)の350億2179万余円である。

2 損益

  区分 10事業年度 (9事業年度)

経常収益
(うち貨物船使用料)
千円
84,587,939
(54,137,786)
千円
43,711,671
(27,351,330)
経常費用
(うち貨物船減価償却費)
84,587,939
(38,138,548)
43,709,129
(18,415,424)
特別損失 2,541

3 借入金等

  区分 10事業年度末 (9事業年度末)

借入金残高
千円
236,641,481
千円
240,499,840
(資金運用部資金)

船舶整備債券等発行残高 296,460,000 325,300,000

4 主な業務実績

  区分 10事業年度 (9事業年度)

旅客船

取得
譲渡
事業年度末
保有

9
40
228
総トン
12,602
54,467
459,423

14
16
259
総トン
25,015
9,215
501,288
貨物船 取得
譲渡
事業年度末
保有
26
100
1,012
35,956
62,753
1,089,616
34
27
1,086
56,022
23,590
1,116,413

(基礎的研究等勘定)

 この勘定は、運輸技術に関し新たな発想に立った新技術を創出するための独創性、革新性のある基礎研究を提案公募方式により行う業務等に関する経理を行うものである。

1 収入支出決算

  区分 10事業年度 (9事業年度)

千円 千円
(収入)

 収入決定済額 12,416,034 310,725
(支出)

 支出予算現額 15,619,816 325,633
 支出決定済額 12,402,692 310,695
 不用額 3,217,123 14,937

2 損益

  区分 10事業年度 (9事業年度)

 経常収益
 (うち国庫補助金収入)
千円
100,682
(38,568)
千円
24,243
(24,201)
 経常費用
 (うち研究事業費)
423,380
(293,040)
200,818
(175,210)
 当期損失金 322,697 176,575
(損失金の処理)

 翌事業年度に繰越欠損金として整理 322,697 176,575

3 借入金

  区分 10事業年度末 (9事業年度末)

借入金残高
(市中金融機関)
千円
12,000,000
千円

4 主な業務実績

  区分 10事業年度 (9事業年度)
基礎的研究業務 件数
金額
14件
337,826千円
10件
278,680千円
船腹調整事業に必要な資金の貸付け 件数
金額
2件
12,000,000千円